東のポルト屋について


「東のポルト屋」は、ポルトで生まれ育った店長ソデによる、ポルトガルの暮らしと雑貨を紹介するサイトです。

こんにちは。東のポルト屋店長、ソデです。こう見えて(見えないと思うけど)ポルトガルの血を引いています!

突然ですがポルトガルといえば?!なに、カステラ、ザビエル、鉄砲?ご、五百年前から情報が更新されていないじゃないか〜!さらに下手をすると「南米ですか?」とブラジルと混同される始末。

しかしこれは何も日本に限った話ではなかったのです。小学校時代に同級生から聞いた話です。旅行先で知り合ったアメリカ人に出身を尋ねられ、ポルトガルと答えたところ、「Portugal? Which state is that?」(それは一体どこの州にあるんだい?)と言われたそうです。ポルトガルの認知度の低さも悲しいが、そのアメリカ人もたいがいである。

そんなポルトガルが、ここ数年で観光地としてヨーロッパでも一気に注目を浴び、ついに今年、私の生まれ故郷であるポルトが2017年Best European Destination、つまりヨーロッパで最も訪れたい町に選ばれました。最近では日本のテレビ番組でも取り上げられたりして、嬉しい限りです。

とはいえ、映し出されるそれはポルトガルのほんの一部。もう少し狭く、深くポルトガルの文化やことば、暮らしについて知ってみたいと思いませんか?

イベリア半島にありながら、なぜポルトガルはスペインの一部にならなかったのか?
サッカーの試合があるからと、高校最後の試験の開始時間が変更になったとか。(実体験!)

単に雑貨を販売するのではなく、私の出身地であるポルトを起点に、ポルトガルの魅力や「おいおい」と突っ込みたくなるような愛すべき残念なポルトガルを紹介します。

本業の傍ら活動しているため、のんびり更新になりますが、東のポルト屋がより多くの人にポルトガルに愛着を持ってもらえるような場になれば本望です。

  

●店長ソデ・プロフィール

ポルトガル・ポルト出身。猫と狛犬と音楽をこよなく愛する。

日本人母のスパルタ日本語教育を受け、様々な憧れと妄想を抱きながら高校卒業後、単身で日本に乗り込む。 大学生活を終えた後は日系企業の商社、翻訳会社での勤務を経て、現在は本業の傍らポルトガル雑貨や文化の紹介に片足を突っ込んでいる。