恋人たちのハンカチ(S)

011-02
011-02 011-02 011-02

恋人たちのハンカチ(S)

(011-02)

商品について
ポルトガル北部の伝統手工芸「Lenços de namorados」(恋人たちのハンカチ)です。正式な工芸品として国に認められたものには、ハンカチに刻印の入った小さな石が付いています。綴られている詩は”Meu coração leal merecerá grande castigo quem no quiser falsear”(我が誠実な心に偽りを言うあなたは、大きな罰を受くるに値する、の意(訳:spacesis)。こ、こわい^^;)

商品詳細
商品名: 恋人たちのハンカチ(S)
サイズmm: 205 × 205

送料
梱包サイズ:宅急便コンパクト
※配達地域により送料が異なります。お住まいの地域への送料はこちらにてご確認ください。
※同時に複数の商品をご購入いただいた場合は梱包サイズを確認後、送料をあらためてご案内いたします。

~「恋人たちのハンカチ」とは?~
恋人たちのハンカチの起源は17世紀に遡ります。当時、ポルトガル北部のミーニョ地方では、年頃の女性が愛する男性にリネンかコットンの布に自ら刺繍を施して贈る風習がありました。ハンカチを受け取った男性は、公の場でそれを身に付けることで女性の気持ちに応えた証になり、2人は晴れて恋人同士と認められたそうです。

刺繍に使うモチーフは大体決まっており、愛情を表すハートの他に、鍵や鳩、バラなどが織り込まれています。デミタスカップにもバラとハートが描かれており、またカップにはありませんが、箱には鳩が描かれています。

~愛の詞~
もう一つ、恋人たちのハンカチの大きな特徴が「愛の詞」です。その詞を見て、ポルトガル語が読める方は少し違和感を覚えるかもしれません。実はこれらの詞は、ところどころ綴りが間違っているのです。これは、昔の女性が正確な読み書きを学ぶ機会がなく、自己流でことばを聞こえる通りに、発音のまま文字にしていたからです。書けないなりに、一生懸命文字を織り込む姿が健気ですね。現在、民芸品として作られているハンカチも綴りをわざと間違えています。

恋人たちのハンカチ(S)
在庫状態 : 売り切れ
¥2,300(税込)
只今お取扱い出来ません